篭町の最近のブログ記事

 むかし、唐人屋敷にほど近い篭町に伊勢屋という、欲の深い主人が住んでいました。

 ある日のこと、日ごろから仲よくつきあっている唐人屋敷の阿茶(あちゃ)さんが、

 「わたし、一年ほど中国帰ってくる」と、

いってあいさつにやってきました。

 そして、阿茶さんは、伊勢屋さんの土蔵の石垣の中から、青く光る石をみつけました。

1