タンタン竹女(長崎の昔ばなし第一集より)

 むかしむかし、中島川の上流の谷間から、夕がたになると、美しい上の音いろがながれてきました。

 「なんとよか笛の音じゃ。そうじゃ、あれはお竹さんの吹く笛じゃ」

と、村のひょうばんでした。

 このお竹さん、西山村の村役人、松見半太夫のひとりむすめでした。

 夏の夕ぐれのこと。お竹さんが笛を吹きながら、山道を歩いて行くと、ひとりの気高い若者がジッと笛の音を聞く様子で林の中に立っていました。

 それからというものお竹さんは、この若者の美しい姿に思いをよせて、毎夜、笛を吹いて歩きました。その日も、岩に腰をかけて笛の音を聞いている若者の姿が月あかりに輝(て)らされて見えてきました。ふたりは、いつも、この岩のところで会っていたのでした。やがてふたりは愛し合う仲になりました。

 しかし、ある日のこと、いつも聞こえてくるはずのお竹さんの笛の音が聞こえなくなり、その姿もフッツリと消えてしまったのです。父の半太夫はたいそう心配して、村人たちとともに、なん日も山じゅうをさがして歩きました。すると、頂上近くの竜頭岩(りゅうとうがん)の上にふたりがしっかりと抱きあっている姿をみつけました。

 そこで、修験者のひとりが、これを見て、じゅ文をとなえると、若者は、一ぴきの大蛇の姿になって森の中に消えました。

 若者がわすれられないお竹さんは、たいへんかなしんで、とうとう重い病気にかかり、はかなく死んでしまいました。

 それからは、この岩をたたくと、

 「タンタン、タケジョ、タンタン、タケジョ」

と、鳴ったそうです。

いまも竜頭岩は、タンタン、タケジョと、呼ばれています。